ぷーやん、世界一周するってよ

世界一周の記録。中東ぶらぶらなう。

26歳の自分から手紙が届いた件について

旅の途中、実家から「2年前の自分から手紙が届いたよ」と連絡が入りました。

どういうこっちゃね~と思ったら、そういえば献血ルームのイベントで

【2年後の自分への手紙】というものを出したんだった。


そんなこともすっかり忘れてたんですが

書類の整理をしてたら出てきたので読んでみたところ

意外といいことを言っていたのでシェアします。



28歳のわたしへ



どうも。26歳のわたしです。

この手紙の事情は家族宛ての方に書いてあるよ。

28歳のわたしは何をしてますか。

日本にいますか。

好きなことはできてますか。

大切な人はいますか。

2年後どんな人生を送っているのか、今のわたしにはまったく見当もつきません。


もしかしたら世界一周の途中、どこかの国で亡くなって

これを読んでいるのは家族かもしれない。


でもそれも人生。

自分が望んだように生きたのだから、きっと後悔はないでしょう。



これを読んでいるのが28歳のわたしだと前提して

26歳のわたしから伝えたいことがあります。


それは、わたしは幸せだってこと。

どんなに辛いことがあっても、自分が幸せであることを忘れないでほしい。



自分の人生に誇りを持って

家族や友達を大切にして

そして人に親切にすることを忘れないで。


人を幸せにするのは、やっぱり人だからね。



26歳のわたしより



はい。

いかがでしょうか。


これを書いたのはわたしですが

2年前のわたしはもはや他人なので、他人目線で感想を述べたいと思います。



んー。

この文から察するに、当時のわたしは満たされていたんでしょうね。

もしくは献血直後でハイになってたとか。


あ、献血マニアなんです。わたし。

献血回数100回超えるくらいには好きです。



でね、実際に世界一周の2/3を終えてみて、「人生って人だなあ」って思っています。


手紙の最後でも言っているように、人を幸せにするのって人なんですよね。

その逆もまた然り。



わたしは定期的に"人生の振り返り会"をやるんですが(もちろん自分ひとりでですよ)

浮かんでくるのはいつもです。


誰かにこんなことしてもらって嬉しかったな、とか

あの言動で嫌な気持ちにさせてないかな、とか

そういえばあの人はどうしているんだろう、とか。


この8カ月の旅で、日本にいたら出会わないであろうたくさんの人たちと出会いました。

いい出会いもあればあまりうれしくない出会いもありました。

でもそれら全部含めて良かったなって今は思っています。



人生山もあれば谷もありますが

全体的に俯瞰してみてみると

総じて幸せなんじゃないかなっていうのが

28歳のわたしの考えです。



どうですかね。

2年前のわたしより大人になってますかね。



次は30歳になったらこれを読もうかな。

タイで出会った韓国人の友達と偶然バルセロナで再会した件について

オラ!酔っ払い、ブログ書きがち。ぷーやんぷーやん@一時帰国中 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و



今日もただボヤきます。

旅しててすごいなーと思うのが、

待ち合わせとか連絡とったりとかしてないのに

他の国で会った人にバッタリ会ったりすること。


約束して後から行くわ〜はあるんですが

そうじゃなくて「え!今〇〇いるの?わたしも!」ってなったときの驚きって言ったら。



今回のバルセロナでもそれがありまして

1日目のホステルが微妙でバルセロナなーなんて思ってたら

2日目に以前タイでちょっと日本語教室をやったときの韓国人のお友達がバルセロナインしてびっくり。

こんな偶然ってあるもんなんですね〜。



タイにいたときは、わたしはゲストハウスのスタッフで彼女がお客さんってこともあって全然お酒を飲む気になれなかったけど

今回はただの旅人なので、「飲み行こ〜٩( ᐛ )و」ってことでタパスとサングリア目当てにバルへ。


↓念願のサングリア♡


基本は英語で、時々日本語で、ほんのちょっとだけ韓国語を交えての会話は
自分たちでも何語を話してるのかわかんなかったけど

気が合う人って不思議となんとなく言ってることわかっちゃうんだよね。


あとやっぱり聞き取りやすい英語ってあるなーとしみじみ。


フィリピン留学の直後、タイに帰る途中のマレーシアで空港スタッフの英語全然わかんなくてめちゃめちゃ落ち込んだけど
今思うとその人の発音が良くなかっただけだし
その後にアメリカ人と喋ったときはスッと入ってきたから
英語ひとつにしても話す人によるなーと思った。


ほら、同じ日本語ネイティブでも滑舌悪かったり聞き取りにくい人いるしそんな感じ。

英語がネイティブじゃないから聞き取れないと自分の英語力を疑ってしまうけど
相手にも原因があることも多々あるからそれくらいでは自信なくさないようになったよ、今は。


なぜか訛りすごいのに聞き取れちゃう人もいるし。
あと最近は英語の訛りでナニ人かわかるようになってきたよ。



とまあ全然まとまりのないボヤキですが、

まさか友達とバルセロナで再会するとは夢にも思ってなかったし
会う人には会うんだなーって思った。


人生なんでもさ、
縁がある人って何回でも会うもんね。


一回しか交わらないのは寂しいけど
それはそれできっと何か意味があるんだと思う。


だからあんまりクヨクヨせず
ただ今あるものに目を向けていれたらいいな。



あとは「しっくりくる」っていうのを大事にしたい!
「なんか好き」とか「なんか気になる」とかそういうの。
自分の感覚ね。




かっこいいから好きとか
可愛いからほしいとか
理由があってもいいんだけど
理由を探すのはあんまり好きじゃない。



仲良くなるのも時間じゃないって思うし
昔は全然話さなかったのになぜか今親友とか
いつ仲良くなったのかわかんないけど超好きな友達もいるし
よくわかんないけど人生ってそういうものだと思うから
自分の感覚を大事にしていきたいなーと思います。



以上、酔っ払いのボヤキでした。
おやすむ〜Zzz…(¦3[▓▓]

バルセロナでゲイ&レズビアンイベントに行ってきた件について

¡Hola!ついにヨーロッパ突入!ぷーやんぷーやん@一時帰国中 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و


現在はスペインのバルセロナ、朝の5時前でございます。
一昨日ジョージアから飛行機でスペインインしまして、
2日目の金曜(数時間前)にちょうど宿の近くでイベントがやってたからちょっと覗いてきました。


クラブなんて行くタイプじゃないし、
図書館の方が好きだし、
騒がしいところ嫌いだし、
ましてや1人なんて…とは思うんですが、
クラブってただ街を散歩してるだけじゃ出会えない人と出会えるからおもしろいんだよね。

一人でバーとか行っても出会えるけど
お酒そんなに飲めないし
というか飲んでるだけじゃつまんないし、ね。



~~~~~~~~~~~~~~


クラブのオープンは23時。
オープンと同時に行っても人入ってなくてつまんないから、1時くらいを目標に21時から仮眠。


0時くらいに起きて小腹が空いたからシリアルをもぐもぐ。
共有スペースはもう消灯されてたけどまだ何人か起きてて
この薄暗くて静かでしっぽりした雰囲気好きなやーつ。


クラブまで歩いて10分くらいの距離だけど
深夜だから一応スタッフに一人で歩いてても平気か確認したら、「もちろんさ!なんの問題もないよ。」とスタッフ。
そうだよね、ここらへんの人夜更かしだもんね(笑)


まだ起きてたウルグアイ人に
「これからクラブ行ってくるよ〜」と声を掛けたら
『一人で行くの!?こんな時間に一人は危ないから一緒に行こうか?』って。
気持ちは嬉しかったけどガールズオンリーイベントだから来ても入れないよ、ごめんねとお断りしました。
まあ実際はMIXイベントだったんだけど。


外に出たらまだ歩いてる人はチラホラいて、全然危ない感じはない。
エリアによってはもちろん危ないところもあるんだろうけど、
アシャンプラ辺りは大丈夫そう。


程よく涼しい夜風を感じながらテクテク歩いてると
暗い中でも灯りのついてるバルで楽しそうに飲んでる人や
腕を組んで歩いてるとカップルやよたよた歩くおばあちゃんまで。

元気ですね、バルセロナ


~~~~~~~~~~~~~~


クラブに着くと入口に人だかり。
ガールズオンリーかと思いきや男性も普通にいる。
でも普通のクラブとは違う、MIXイベント独特の雰囲気。


パスポート確認あるかな?って思ったけど確認もなく、受付で€5払ってあっさり入場。
これにドリンク1杯含まれてるから安い。


受付してると後ろに並んでた金髪ショートのボイが「¡Hola!」と声を掛けてきた。
日本人だったらそうでもないんだろうけどさすがスペイン人。
ちょっとぽっちゃりしてるけど顔はイケメンです。
イケメン×金髪ショート×女の子 = 最高 ですね。


スペイン来てまだ2日だけど、今までのどの国よりもタイプ!
今まで持ってたスペイン人のイメージと全然違ってびっくりしてる。
けっこう金髪多いし、端正だけど男性らしくてセクシー♡
ブラジルもイケメン多いっていうけど、スペインの方がヨーロッパの綺麗な感じが入っててわたしは好きだな。
ブラジルの方が男男してる気がする。たぶん。


とまあスペイン人についての分析はおいておいて肝心のイベントですが
結果、最初はちょっと不安だったけど
一人でも十分楽しめましたー!\( ˆoˆ )/



MIXイベントだからノンケのイベントみたいに変にナンパしてくる人いないし
日本のイベントみたいにガツガツしてなくてみんな純粋に楽しんでる感じが良かった。



楽しそうに踊ってる人を見てるだけでも楽しかったけど
「一緒に踊ろう!」って声かけてくれる子がいたり
なぜか突然お酒を分けてくれる子がいたり
「俺ラティーナなんだ!」って言って踊り方を教えてくれる人がいたり(笑)


かかってる音楽もよくクラブで流れてるような流行った洋楽じゃなくて
ラテン系でノリがいいものやちょっと懐かしい曲のremixとか、わたしでも楽しめる選曲でいい感じ。



こういうイベントってさ、
みんな解放してる感じがいいよね。
自分が男でも女でもそうじゃなくてもなんでもよくて
好きになる人の性別だってなんだっていいんだよ。
ボーイッシュな女の子はもちろんガッツリ女装してるおじさんとか
普段は厳格な仕事をしてそうなお姉さんとか
ここに来たらみんな一緒なんだよね。



つまんなかったらすぐ帰ろうと思ってたのに楽しくて、そんなこと考えながら踊ってたら4時間くらい経ってた。
そしてホステルに帰ってきて、まだみんなが寝静まっている中これを書いています。


夜の共有スペース、薄暗くていい感じ。



ヨーロッパは一人だとつまんないって言うけど、案外楽しいかもしれない。
というか、スペインがイイ!!(・∀・)
そしてスペイン語喋りたい!!



またこの雰囲気味わいに来たいなーと思うけど
それまでバルセロナいるかなーどうかなーと思いつつも
久々にナイトライフを楽しめた夜でした。

さて、そろそろ限界なので寝る。
夕方にはサグラダファミリアです。


Adiós!

旅に出て半年、自分が変わったなーと思うこと。

どうも、ぷーやんぷーやん@一時帰国中 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و
今、ドバイからトルコのイスタンブールまでの飛行機の中でこれを書いています。
通路を挟んだ隣のおっさんがそわそわし出したので何かと思ったら、席を立ち真横で屈伸し始めました。
けっこう目障りです( ´△`)



気が付いたら旅に出て半年が経とうとしています。
この前振り返ったときは3ヶ月の時でした。
あれからさらに3ヶ月が経つなんて信じられません。


年明けタイを出てから、インドに始まり旅のピッチを上げてきました。
今まで訪れた国は以下。

  1. 上海
  2. タイ
  3. ラオス
  4. カンボジア
  5. マレーシア
  6. フィリピン
  7. インド
  8. カタール
  9. エチオピア
  10. ケニア
  11. タンザニア
  12. エジプト
  13. ヨルダン
  14. イスラエル
  15. イラン
  16. トルコ ←今ココ


この旅の前に訪れた国と合わせると20カ国になりました。


1カ国1週間を目安に移動しているのですが、
インドのような広い国は3週間いたり
カタールイスラエルのような物価の高い国は弾丸だったりと色々です。


一応その国でやりたいことリストを作って、それを達成したら次の国に移っているのですが
飛行機の値段やそのときの気分で延びたり縮んだりします。
あとは旅先で出会った人によって変わったりね。



出発前と今とで何か変わったかなって考えてみたんですが、
まあ大して変わんないですよね(笑)


ただ、たくさんの人に助けてもらったり親切にしてもらった分、
自分も誰かに親切にしたいしその人に返せなくても他の人に返していこうって思うようになったし
元々なんでも「まあいっか」と思うタイプだったんですが
さらに「まあいっか〜」と思うようになりました。
動じなくなったっていうか。うん。



もちろん問題が起きれば「まじか´д` ;」ってなるんですけど
どんな問題も大抵はなんとかなるんですよね。
で、なんとかならないものはほっとけばいいんですよ。
だって自分ではどうしようもないし。
どうしようもないことに躍起になっても消耗するだけだし。



以前書いたプロフィール記事でもモットーとして紹介しましたが
ほんと、死ぬこと以外かすり傷だと思います。



娼婦に指で突つかれようが
下痢でトイレとニコイチになろうが
タクシー運転手にぼったくられようが
ご飯がまずくて痩せようが
隣のおっさんが目障りだろうが
生きていればなんとかなる。





あと、笑顔って最強✌️
笑顔のおかげで色々切り抜けてきた感ある。


でもこれって最初からできたわけじゃなくて
インドで出会ったねーやんを見て学んで
実践したらあらびっくり(・∀・)‼︎‼︎


こっちが笑ってたらムスッとしてた人も笑ってくれて
笑顔ってすごいなーって思った。


もちろん旅してて楽しいことばかりではなくて
嫌なことがあって笑えなかったりすることもあるけど
でもできるだけ笑うようにしてる。



変わったのはそれくらいかなー。




あ、言うまでもなくだけど外国人コンプレックスは小さくなった!
英語に対する抵抗も少なくなった。
たぶんそれは日本語に誇りを持つようになったからかな。


日本語って難しいんだよー。
カタカナとひらがなと漢字があってさ、外国人からしたら超難解らしい(笑)




とまあ、ざっくり半年を振り返ってみて
出発前の自分より3ヶ月前の自分より
今の自分の方が好きだなって思う。


以前より自分に自信を持てるようになったし、ね。
だから帰国する頃にまたどう変わってるのか楽しみ^^

イランのシーラーズ空港情報 ※2018年3月現在

サラーム!やっとイランから脱出!ぷーやんぷーやん@一時帰国中 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و


イランは行く人が少ないからか情報が少ないので、
今回自分がトルコ行きの際に利用したシーラーズ空港(SYZ)についてまとめました。



wifi
フリーのものはありません。
イランsimを持っていれば使えるwifiはあります(Free Wifiの意味ない…)。
ただ、わたしの場合は空港職員にお願いしたらスタッフ用のものを使わせてくれました。



チェックイン
空港建物内に入るとチェックインの前に荷物チェックがあります。
ですが、小さな空港なのでチェックインも少しずつしかできないためかあまり早く行くとこの時点で待たされる可能性があります。


荷物チェックを抜けるとチェックインカウンターがあります。
わたしが利用した際は稼働していたのは3つだけでした…。
利用者もさほど多くないのでここで待たされることはあまりないと思います。




税関(イミグレーション)
搭乗の1時間前にならないとできないようです。
わたしの場合、11:20のフライトで10:00まで待つよう言われました。
始まってしまえば割とスムーズです。



荷物チェック(2回目)
男女分かれて荷物チェックとボディチェックがあります。
1回目では引っかからなかったモバイルバッテリーがここで引っかかりました。
1回目の荷物チェック意味ないやん…(。-_-。)



搭乗
荷物チェックを抜けると大勢の人(と言っても50名足らず)が待機している場所に出ます。
搭乗口はひとつしかないので待ってる人はたぶんだいたいは同じ便です。
ちなみに一見どこが搭乗口かわからないのですが、時間になると人が並ぶところができるのでそこに並べば大丈夫です。
ちなみにアナウンスはペルシャ語のみです(笑)



売店に関して
1回目の荷物チェックの前とした後にもちょっとした売店があります。
イミグレ後の待合室にもありますが、どれもショボいです。
コーヒーはなんと!ネスカフェの粉コーヒーで100000IRR(282円)でした:(;゙゚'ω゚'):



ラウンジ
もちろんありません(笑)






たぶんもう二度とイランに来ることはないと思いますが
テヘラン空港もそうでしたがFree Wifiもなくお世辞にも快適とは言えず
インドと同様、観光客を歓迎する気のない国だなーと思いました。



しいて評価するとすれば、市内から車で30分ほどで着くところでしょうか。
snapというイラン国内で使用できる配車アプリを利用すれば70000IRR(198円)で来れます。
流しのタクシーだとボラれる可能性もありますので、
宿のスタッフにsnapで呼べるか聞いてみることをオススメします。




ご参考になれば幸いです(・∀・)

旅の仲間ずかん⑩ おとうやん

サラーム!気がつけばイランに2週間、そろそろ美味しいご飯が食べたいぷーやんぷーやん@一時帰国中 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و


インド編アゲイン!
たまたま札幌出身の人が2人いたことで形成された札幌ファミリー。
その大黒柱のおとうやんをご紹介٩( 'ω' )و

【札幌ファミリーの大黒柱】おとうやん


名前
おとうやん


一緒に旅した国
インド(バラナシ〜デリー)


出会った場所
バラナシのサンタナ


好きなところ
結構かなりノリがいい。
大人の気遣いハンパない。
目がかわいい。


コメント
ヴィパッサナー瞑想に参加するためにバラナシからサールナートに発つ朝、サンタナで出会ったおとうやん。
3日後逃げ戻ると、ガヤに旅立とうとしていたので口説き落としデリーまでの相棒に。

チケットがあるのに車両がなかったときも
列車においてかれそうになって必死で走ったときも
おとうやんがいたから心強かった😊
たぶん一人だったら途方に暮れてたよ。

列車が12時間遅延して寝ることにも飽きて、お菓子を食べながら色々語り合ったことがいい思い出です。

日本に帰りたいってメソメソしてるわたしを励まし続けてくれてありがとう。
あの時があったから今も旅を続けているよ。
感謝感謝です。

旅の仲間ずかん⑨ 堀やん

アッサラーム アレイコム!ヨルダン国境で警官を怒らせてパスポートを取り上げられたぷーやんぷーやん@一時帰国中 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و


イスラエル行きの仲間ほしいなーと思いつつも日本人宿に泊まらなかったから1人国境越えを覚悟してたら出会った堀やん
エルサレムの宿まで予約してたのにキャンセルして日程合わせてくれてありがとう!

もう感謝しかないっす!!😭


【クールな不思議くん】堀やん


名前
堀やん


一緒に旅した国
ヨルダン〜イスラエル


出会った場所
イブラヒムおじさんの部屋の前


好きなところ
わたしが猫を追いかけてても待っててくれるところ。
すべてのボケを拾ってくれる。
クールなのに冷たくない。


コメント
日帰りペトラ遺跡から帰ってきたらちょうど宿にやってきた堀やん。
リベロ並みにわたしのボケをこぼさす拾ってくれるその姿勢は見事なものでした( ˘ω˘ )


堀やんが作ってくれたツナサラダめちゃめちゃ美味しかったよ。
バナナとチーズをパンに挟んで食べる人はわたしの人生の中で後にも先にもあなただけでしょう(笑)


連絡先知らないから感謝の気持ちはここでしか伝えられないけど、また日本のどこかでバッタリ会えたらいいな。

めにめにせーんくす!!!!