ぷーやん、世界一周するってよ

世界一周の記録。中東ぶらぶらなう。

世界一周2カ国目、早くもタイに沈没してる件について

サワディーカー!チェンマイに沈没してます、ぷーやんぷーやん@一時帰国中 (@puuyaan) | Twitter)です٩( ᐛ )و


ネットが使えない中国から命からがら(?)逃げてきたタイ。
バンコクに数日滞在した後、チェンマイに沈没しました。



沈没とは

Wikiより引用

長期間の海外個人旅行をしているバックパッカーなどが、旅行の本来の目的である観光を中断し、一つの街への滞在を目的としてしまうことを「沈没」と呼ぶ。


▼「沈没」について記事を書かれている方がいたので補足までに。
【世界一周あるある】旅における「沈没」という言葉についての考察。 | 世界を旅してたら台湾で中国語の先生になってました。



つまりは、タイで暮らしてます(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎イェーイ


今何をしているのか

チェンマイの日本人宿として有名な
SLOW HOUSE(スローハウス )でスタッフしてます٩( ᐛ )و


外観はこんな感じ。
なかなか立派な一軒家です(元々は二軒だったらしいけど)。



オーナーのあゆみさんと、看板猫のイカちゃん。とても懐っこくてみんなに可愛がられてます。


お手伝いして〜タイ料理食べて〜お客さんとお話して〜なんてしてると1日が終わってます。
そんなこんなで1ヶ月。
早い…!:(;゙゚'ω゚'):


スローハウスで暮らしていて思うこと

スローハウスには色々な人がやって来ます。
長く滞在する人もいれば、数日だけの人。観光に来る人もいれば、ノマドワーカーやビジネスで来る人。
そんな人たちが訪れては旅立っていくのを見ていると色々考えさせられます。


人の数だけ考え方があって働き方があって生き方があって、訪れた人の話を聞くたびに「わたしはこれからどうやって生きていこう?」ってワクワクしてくる。


ここで出会って一緒に観光したりそのまま一緒に旅に出る人もいるし、実はわたしもお客さんと一緒にラオスに行ってたり(゚ω゚)バンコクで出会った人と再会したりして最終的には5人だったけどw)


カオサンで怖い思いをしたとき「こんなところからはとっとと逃げちゃおう!」と思ったけど、「あーでもこのまま嫌な記憶で終わらせたくないなー。タイにもうちょっといたいなーヾ(:3ノシヾ)ノシ」と足掻いた先に見つけたスローハウス 🏠


突然の連絡にも関わらずこんなどこの馬の骨かもわからないわたしを受け入れてくれたオーナーのあゆみさんには本当に感謝しかありません。コップンカー( ˘ω˘ )


わたしがこんなにも長くいるのは、チェンマイが過ごしやすいのはもちろんだけど、それ以上にスローハウスの人たちが好きだからなんだろうなーと思う。


スタッフだからではなく、1人のお客さんとしてスローハウスは本当に居心地が良くてオススメしたい場所です。
チェンマイに訪れた際はぜひ遊びに来てくださいな(*・ω・)ノマッテルヨー